2015年

8月

04日

浴室に続き キッチンも改修完了。

前回のブログで紹介しましたH様邸。

 

今回はキッチンの改修です。

 何はともあれ、まず解体。

 

既存の流し台はもちろん


壁、天井、床を解体していきます。

 炎天下の中室内も

 

屋根のふく射熱でサウナ状態。

 

 

 既存の下地に補強を入れ、断熱材を充填していきます。

 

夏の暑さを軽減と・・・

 壁の下地を組み直して行きます。

 

断熱材の効果があり

 

暑さも軽減してきます。

ビニールクロスとなる壁の石膏ボードを張れば内装工事へ

 

バトンのタッチです。

 今回は、お施主様と相談しながら

 

クッションフロアといわれる

 

床を採用。

 

既存の床を利用したため冷たさを軽減させます。

before
before
after
after

観音扉だった流し台 換気扇もプロペラファンでなかなか換気能力が少ないのが欠点。 3mと長い流し台でしたが、機能的に使いにくいのが現状でした。

 

西向きのキッチンのため、まず窓を改修。断熱性の高いサッシに変更。

収納力と機能性を兼ねた配置に、ガスからIHへ ガス給湯器からエコキュートへオール電化リフォームの完成です。

before
before
after
after

省エネ住宅ポイント対象工事のサッシもしっかりと交換しました。

Low-eガラスで暑い西日をシャットアウトします。

0 コメント