無垢フローリング

健康住宅に必須の無垢フローリングについてお話したいと思います。

 

一般的に建材で出回っている建材フローリングとの違いはどこにあるのでしょう。

 

 

合板フローリング
合板フローリング

一般的にフローリングは薄く切った単板を繊維方向を互い違いに重ね接着材でくっつけた合板に 突板(木材を薄く切った板)や化粧シート(印刷物)を貼ったもが主流です。

合板のほかにも木質のチップを接着材で固めたものもあります。

 

 

 

合板フローリング 断面
合板フローリング 断面

断面写真を見れば一目瞭然ですね。

 

写真をクリックしてみてください。

無垢フローリング (ヒノキ)
無垢フローリング (ヒノキ)

こちらが無垢フローリングです。

 

樹種はヒノキです。

 

 

表面は同じ木目ですが 樹種によって木肌の色 肌触り は樹種によってずいぶん違いがあります。

無垢フローリング (杉)
無垢フローリング (杉)

こちらは杉のフローリングです。

 

風合いは赤みが柔らかい肌触りです。

 

他にもパイン(松系)メープル 楢 などございます。

 

こちらが無垢のフローリングの断面です。

 

木材そのものなので 接着材や化粧シートは全く見られません。

 

木材は呼吸し続けるので、調湿能力も

  それぞれのメリット

無垢

フローリング

  • 接着剤を使用しないのでホルムアルデヒドなどの有害物質の発生が無い
  • 肌触りがやわらかい
  • 年月とともに木独特の風合いを楽しめる。

合板

フローリング

  • 汚れや衝撃に強い 
  • 施工性が優れている
  •  狂いやそりが少ない

大事なのはそれぞれ得意 不得意分野があることです。

 

それぞれのメリット、デメリットをきちんと理解して仕様を決めていきたいと思います。

 

 >塗料へ