UB下の漏水修理 難題解決へ

当社で施工してはいないのですが、電気温水器から水が漏れるとの連絡が

 

とりあえず現場へ向かうことに。

 

よく調べると 電気温水器からではなく 給湯の配管から漏水している様子。

 

浴室ユニットバスの下からの配管

 

のねもとから

 

黄色で囲ったところ。

触ってみると温かいので

 

お湯がもっているのが確実

 

施主様も最近お湯の減りが早くて、

水道の検針員から漏水の恐れあると言われた

 

ってことも判明

浴室のエプロンを外すと

 

給湯の配管が見えるかと思ったら

 

 

浴槽パンがあり、下が全く見えない。

 

浴槽の下が見えなきゃ漏水個所の確認もできず

 

漏水の修理も不可能。

 

さあ困った。

 

給湯を新規に迂回できたとしても

 

UBへお湯への配管ができない。

 

その後、

 

打合せや漏水個所の修繕方法を検討するも

 

大きな打開策は見つからず

 

ユニットバスを解体し、

 

漏水個所を修理することに

 

見積もりを出し、工事を進めることになりました。

そして、着工の日

事前にユニット組立業者の方から

 

解体方法を教えてもらい

 

いざ取り掛かることに。

ゴムパッキンや

 

モール等を切り取り

 

天井を解体し。

浴槽の撤去

 

壁パネルの撤去

 

 

試行錯誤しながらなんとか解体完了。

 

以前のタイル浴室から

 

改修した様子がわかります。

 

配管は見えなく、漏水個所の修理は

 

不可能と判明

2日目

 

新たに浴室への配管

 

洗面化粧台と台所への配管

 

を新たに引くことで解決。

3日後目

 

ユニットバスの組立

 

真新しい人造大理石の浴槽

もともとユニットバスが

 

組まれてだけあって

 

組立は順調そのもの

 

 

デッキ水栓 井戸水

 

追炊き配管等

 

接続して漏水修理のための

 

ユニットバス交換完了です。

古いユニットバスは

 

産業廃棄物で処分。

 

意外と思い350kgあったユニットバス

 

処分料もまあまあでした。

漏水していた配管は黄色

 

ピンク色の配管を新たに布設

 

既存の配管と接続する工事と

 

なりました。

カメラいろいろ

こちらが日常使用している

 

カメラ陣です。

 

ちょっと紹介いたします。

Panasonic Lumix

現場写真や ツイッター 

 

ホームページの情報発信用のカメラ

 

1日中腰に下げ、何かあったら

 

すぐに撮影。

そのため、機能は少々の光学ズームが

 

あれば十分。

 

3年以上毎日のように撮っているので

 

少々くたびれてきました。

 

いつ壊れてもいいように、控えのカメラを準備しようと考えている

 

今日このごろ。

Nikon D40ⅹ

12年前 子供が生まれる時に買って

 

建物の完成写真や 子どもの成長など

 

メインにとってきたD40。

 

初心者モデルで 使いやすく

 

いろいろ重宝しました。

 

しかし、年月経つとともに不満も

 

レンズが28-55㎜とちょっと物足りない

 

大きさもネックです。

 

連写は出来ないと言っていいほど遅い。必要が無かったので問題なかったのですが、

 

スポーツ撮影となると欲しくなる。

 

2008年から約12年頑張ってくれました。

D40代表作品 建物以外で

Sony α5100

この春、スポ少の事務局もするため

 

カメラも世代交代。

 

最新のミラーレスでは高すぎるため

 

型落ちの中古品 Sony α5100

数年前のモデルのを

 

ヤフオクでポチッとダブルレンズキット

 

これで、少々の望遠もカバー

 

建物完成写真やスポ少の写真担当です。

ミラーレスなので ボディーも小さく 高機能

 

納得の一台で動画も練習して撮れるようにしたいです。

α5100代表作品 ここ数か月

今回のO様邸の完成写真は

 

α5100で完成写真撮影しましたので

 

次回報告いたします。

 

お楽しみに。

S様邸 クレーン建方

建方を前に

 

外周は足場が組まれ

 

前日の現場確認では

 

足のすくむような高さになっており

 

クレーンを使用し

 

材料を1本ずつ吊り上げ

 

順番通りに組みあげていきます。

 

 

建方当日は最高気温35℃を超える

 

猛暑日。

ただでさえ暑い中

 

材料の準備や 金物の準備

 

じりじり暑い中の作業で

 

キツイのなんの

午前2回 昼休憩をはさみ

 

午後も2回 しっかり塩分水分補給

 

雨降りよりはいいものの

 

暑すぎです。

日陰のない初日は

 

予定通りの工程すすんだものの

 

暑さでくたくた。

S様邸は2階にロフトがあるプラン

 

桁レベルを400㎜下げたロフト。

 

床を敷き初日の作業終了です。

 

明日も暑いのかな~

2日目は

2階の屋根を組み立てるところから

 

開始です。

 

午前中の涼しいうちに

 

という前にもう暑い。

美しい緑が広がる

 

涼しげな田園風景。

 

 

 

ですが、35℃以上

 

2日目も猛暑日の中の作業!

 

 

クレーンオペレーターさんは

 

車内は涼しそうですが

 

エアコン無しだそうで

 

こちらも暑そうです。

暑さだけがフューチャーしましたが

 

本当に暑かった2日間でした

 

屋根ができてからは

 

日陰の作業で一安心。

と思ったら

 

屋根板金屋さんは

 

まだまだ暑い中のフェルト敷き作業

 

ほんとにお疲れ様でした。

O様邸 完成へ向けて内装外構 

吹抜けの足場も組まれ

 

いよいよ最終段階へ突入です。

 

平屋ですが、開放感のある

 

吹抜けがあります。

内部では

 

順調にクロス工事が進み

 

完成へ向けて

外部は

 

車庫となるポーチに

 

周辺環境に高さを合わせるように

 

コンクリート工事の準備。

道路を片側交互通行にし、

 

安全に配慮し

 

土間コンクリートを打設行いました。

打設後数日間は

 

水をかけ、養生していきます。

 

 

その頃内部は

 

クロス工事も終わり

 

照明器具を取付 清掃を行い

 

足場の解体を行いました。

 

ん~開放的

完成まであと一歩。

 

完成まぢかの住宅を眺めるお施主様

 

決して手を抜かず

 

引渡しまで緊張感を持って

 

仕事に励まねば と思ったところです。

次回は

 

完成写真の撮影の様子を

 

報告いたします。

 

 

基礎工事ですよ~

基礎工事は

 

お祀りした鎮物を

 

納めることから。

型枠を建てて

 

鉄筋工事。

 

設計図のとおりに組み上げられます。

鉄筋の検査し、

 

配筋の状況を写真に収め

 

工事の記録をしていきます。

 

 

予定していたコンクリートが

先月の豪雨の為延期にすることに。

翌日、

 

天気は回復したものの

 

あいにくの曇り空

コンクリートを打設しながら

 

ビニール屋根を架け

 

万が一の雨の対策を取ってもらいました。

 

 

この時は、ぱらぱら降るものの

 

コンクリ―ト打設には

 

悪影響はなく無事に終了。

立上りコンクリートも

 

万が一の雨養生をし

 

打設行いました。

不思議と

 

しっかり雨養生した時は雨が降らず

 

過信した時は 雨が降ることが

 

多いのです。

型枠を撤去したら

 

建方の準備です。

 

足場の組立

 

材料の搬入。

 

 

土台の敷き込み。

 

8月に入ると天気は一転

 

晴天が続き、

逆に

 

じりじりと

 

猛暑となりました。

足場の最上段からの撮影

 

足がすくみます。

 

 

次回建方作業を報告いたします。

 

暑いのかな~