I様邸 片流れへ屋根替え

今回は

 

寄棟といわれる屋根から

 

片流れの屋根に変更する工事を

 

ご紹介します。

寄棟の屋根は

 

4方向へ屋根勾配がついてる

 

屋根形状です。

 

まずは屋根解体から。

トタン 防水のフェルトを撤去し

 

野地ザラ板を撤去していきます。

 

30年近く経っていますが

 

下地はしっかりしています。

屋根の下地

 

 

垂木を撤去。

母屋を撤去

 

そう、ここまで来たら

 

雨が降ったらおしまい

 

天気予報をみて

クレーンを使用し、

 

荷卸しを行いながら進めます。

新しい屋根の下地を組むために

 

既存の桁を加工し、

 

新しい小屋組を取付していきます。

徐々に形になる小屋組

 

 

 

 

初日の作業はこれまで

 

残りは次の日へ

 

 

天気予報では雨の心配はありませんが

 

なんとなく心配です。

 

 

 

 

2日目も初日に続き晴天

 

作業も一気にはかどります。

雪が一気に流れる屋根勾配。

 

 

屋根の水下は

 

雪が1階まで落下するように

 

1階側に増築しました。

 

屋根の取合も板金屋さんと相談しながら。

 

 

 

 

2日目には

 

屋根に防水フェルトが張られ

 

雨の心配が無くなり一安心です。

2日間にわたる

 

屋根替えが無事完了。

 

次回は小屋裏の秘密 外装工事を

 

紹介したいと思います。

S様 お蔵外装改修

今回は

 

S様邸の

 

お蔵の改装を

長年の風雨にさらされ

 

漆喰が剥がれ

 

下地の土が表れている状態に

 

なっておりました。

漆喰のはがれは

 

お蔵全体におよび

 

 

 

影響の出ていない部分も

 

剥離のおそれがあるようです。

 

外部に足場を組み

 

剥離の恐れのある部分を全て

 

撤去していきます。

既存の土にを硬化させるため

 

接着剤を塗布し、

 

表面を固めていきます。

剥離した土の代わりに

 

 

軽量モルタルで補修

乾燥したら

 

さらに漆喰を塗り仕上げていきます。

 

 

徐々に

 

施工当時の

 

白い壁がよみがえってきました。

 

 

雨が当たらないように

 

乾燥を待ちます。

漆喰にはっ水効果を持たせるために

 

城かべ油を添加して仕上げて

 

おりました。

台風19号の影響で 鉄道等交通網に影響が出ているようです。

 

事務所兼自宅の私は 安定してブログ更新しています。

 

とにかく被害が出ないことを願うばかりです。

 

 

明日のアップル駅伝は開催されるのだろうか?

S様車庫 基礎工事

S様の車庫建設にあたり

 

場内のコンクリートの搬出

 

残土の処分を行いました。

 

でるわ でるわ

 

大きな玉石

 

4tダンプで3台 合計12tの

 

いしが出る

残土も相当搬出して

 

ようやく地縄が張れるようになりました。

 

限られたスペースに

 

有効的に使えるように検討します。

場所が決まれば

 

根切作業。

 

さらに出る残土。

建物の配置に合わせて

 

根切完了です。

 

 

軟弱な地盤を山砂利で置換しながら

 

 

敷地に傾斜があるため

 

基礎は傾斜に合わせて1.5m高さにし、

 

 

 

 

型枠を組み立てていきます。

 

傾斜に合わせているため

 

低いほうでは 高い基礎になります。

 

高さが高いため

 

ポンプ車での圧送になります。

 

私もハンマー片手に

 

型枠を叩いて 気泡を抜きます。

数日の養生を置いて

 

型枠脱型。

 

綺麗な仕上がりになりました。

 

ホームページ改装

2011年10月より運営しておりましたホームページですが

 

Flashが表示ならないなど発生していた不具合を解消するため

 

全面改装行いました。

 

見にくい部分は順次更新していきます。

 

今後ともよろしくお願いいたします。