S様邸改修工事 完成です

白い外壁のS様邸

 

既存部分はモルタルに 吹付タイルでしたが

 

改修後の外壁は金属サイディングへ。

 

軽量ですし、壁内の通気を取ることで

 

壁内の湿気を効果的に排出 

仕上がりは

 

横ラインのきれいな面が

 

出来上がりです。

 

樹脂サッシの白とあいまって

 

 

リフォームするときは

 

断熱性を向上される方がおおいですね

 

熱の損失の大きいサッシを

 

見直すことで

 

大幅に改善されます。

一方内部では

 

フローリングの施工が進み。

壁には断熱材を充填し

 

部屋堺には防音もかねて

 

断熱材を充填しました。

完成までまもなくになると

 

内装工事がはいります。

白を基調したクロスで

 

サッシ枠 建具も白で

 

明るい雰囲気です。

清掃がはいると

 

ガラッと変化

 

お施主様こだわりの

 

腰壁クロス

 

上品な印象です。

縁側というか サービスヤード

 

上部には物干し場のため

 

物干し金物を設置

 

雨や雪の時に重宝しそうです。

リビングには少なかったクローゼットを

 

増設し、

 

収納するものに合わせて

 

棚を製作いたしました。

寝室のクロスの一部を黒でアクセント

 

シックにできました。

既存の部分に合わせたS様邸

 

見た目は変わりませんが

 

断熱性能はかなりアップ

 

 

大きな窓を採用しても

 

解放感はそもままで

 

外気温に左右されない

 

断熱リフォーム完成です。

S様邸 クレーン建方作業。

いよいよ建方の日です。

 

今回は敷地も十分 天気も

 

申し分ないです。

 

 

クレーンをセットすると

 

材料を順番に建方していきます。

 

今回は重い床合板はあらかじめ

 

建物の中に搬入しました。

 

10時ころには

 

1階の梁がかけ終わり、

午後には

 

垂木

 

ザラ板と

 

 

屋根の準備

 

 

順調そのもの。

 

 

平屋建てということで

 

クレーンは1日勝負

 

 

予定通り

 

夕方には完了。

 

お疲れ様でした。

 

数日後、屋根の材料が搬入され

 

ガルバリウム鋼板を葺きました。

 

搬入できるギリギリの寸法らしく

 

 

施工の様子を見守ると

 

本当に長いことを実感します。

 

 

美しい一枚屋根が

 

出来上がりました。

 

 

町内ですが、

 

奥まったところのS様邸ですが

 

工事の安全看板 

 

会社の看板を掲示しました。

 

 

 

S様邸基礎工事

S様邸も基礎工事着工です。

 

建物の基準となる位置には縄を張り

 

基礎工事業者と打ち合わせし

 

高さも決定します。

その合わせた内容に準じて

 

建物の基準となる遣り方を

 

組みます。

 

 

地面の湿気が上がらないよう

 

防湿シートを施工。

 

でっぱりのない

 

長方形のS様邸。

鉄筋を組立し

 

検査を受け、工事写真を撮影。

 

 

雨が心配されましたが

 

コンクリート打設。

 

気温も高すぎず、低すぎない

 

春は一番コンクリートの適した季節

 

数日後に

 

立上りの型枠を組み

 

コンクリートを流せば

見事なコンクリートの完成です。

 

清掃を行い

 

外部の整地。

玄関部分の

 

増しコンクリートを打設すれば

 

木工事。

建方前に

 

足場を組み。

 

安全作業のための準備。

材料を搬入し、

 

次回はクレーン建方の様子を

 

アップいたします。

 

 

4月から現場が非常に込み合い、

 

ブログの更新が遅れ気味になっておりますが、

 

あまり鮮度が落ちないように早めにアップできるように

 

がんばりますので お付き合いお願いします。